03-5577-8033

研究開発

研究開発

UCM2000開発

広帯域超音波探査装置UCM2000は、広帯域超音波法(WUT:Wide Range Ultra sonic testingの略称)を用いてコンクリート内部の状況を探査する装置です。そしてWUTとは通常の超音波よりも広い帯域(2.5kHz~1MHz)の超音波を用いて、探査対象からの反射波をソフト上でフィルタリングしコンクリート内部の様々な状況を分析する仕組みです。

UCM2000

UCM2000を用いた調査の特徴
調査用途の拡大
  • 様々なコンクリート内部調査に対応
安全性の向上
  • 超音波を用いるため人体に影響がない
作業性の向上
  • 軽量コンパクトであるため移動・持ち運びが容易